MENU
浮気や不倫の問題解決に役立つ情報を配信中!

パートナーの浮気が発覚!今すぐ辞めさせる方法とは?

パートナーの浮気が発覚!今すぐ辞めさせる方法とは?

交際相手や夫・妻に浮気や不倫をされた経験はありますか?パートナーの裏切り行為が発見した際に、一刻も早く辞めさせるにはどうしたら良いのでしょうか。

女性と男性では浮気や不倫を辞めさせるための方法は異なります。

今回はそれぞれの視点から効果的な方法についてみていきます。

目次

1.【女性向け】彼や旦那の浮気や不倫を辞めさせるには!?

まずは日頃の行動を見返すこと

まずはパートナーの前でのあなた自身の振る舞いを見返してみましょう。付き合って間もない頃とは違い、「素の自分」を出し過ぎていないでしょうか?自然体でいられることはとても大事なことですし、相手の男性からしても、心を開いてもらえたと嬉しく感じることもあるでしょう。

しかし、ここで言う「素の自分」とは、女らしさとはかけ離れた「だらしなさ」のことです。いくらパートナーとの絆が深まっても、男性は少なからず女性に夢を抱くものです。家にいる時にボサボサの頭で過ごしていたり、恥じらいもなく下着や裸で目の前をウロウロされると幻滅してしまうのです。

最初はそれでも可愛いと言ってくれるかもしれません。しかしその状態が続くにつれて「だらしない」と男性は思うようになってしまいます。女性には家でリラックスしても最低限の品位を保って欲しいと思うものなのです。

過度な要求はNG!

あなたの日頃の振る舞いの他に、パートナーに対して様々な要求をしているとしたら、それも辞めましょう。プレゼントなどのおねだりは勿論、パートナーを好きな余りに頻繁にメールや電話をしたり、デートの行き先の提案など、過度にあれこれ要求していませんか?

例えあなたが必要と思っていたとしても、毎日の帰宅時間などの業務連絡ですら要求するのを辞めましょう。男性は大好きな相手の要求には出来る限り答えてあげたいと思うものですが、女性から要求をしてしまうことで「面倒臭い、重い女性」という印象を持ってしまうのです。

あなたのことを大切に思っているならば、男性はあなたの行動をきちんと見ています。要求をしなくても男性からあなたに満足して貰えるように行動してくれますし、そんな男性の気持ちを尊重してあげましょう。

ネガティブな発言に気を付ける

また、男性の話に対して「でも、だって」などと否定的な返事をしていませんか?もし心当たりがあるならすぐに辞めましょう。心当たりがないと思っても一度あなたの行動を思い返してみてください。ネガティブな言葉は意外と無意識に言ってしまっているものです。

あなたがポジティブな受け答えをすることで、男性はあなたと一緒にいると元気になれると感じるでしょう。また、あなたの話を聞いて貰いたいからといってあなたからあれこれ話をするのも良くありません。ただでさえ仕事で疲れている男性はあなたの話を聞かなければならず、更に疲れてしまいます。

あなたが話したい内容を一方的に伝えるのはよくありません。その逆に、男性の話を無理やり引き出してもいけません。男性から話し出すのを待ち、話してくれたら肯定し、ポジティブな返答をするのです。そうすることで男性はあなたと話すとリラックス出来ると感じ、あなたから話を要求していた時とは逆に男性から逐一報告してくれるようになります。

笑顔を意識すること

ポジティブな返事をすると同時に笑顔を見せることも忘れないようにしましょう。男性は女性の笑顔が大好きです。あなたも仕事や家事でイライラしたり落ち込んだり、笑顔でいることがつらい日もあるでしょう。でもそんな時でも笑顔を意識することは必要です。その小さな努力で男性はあなたと一緒にいることが心地よく感じ、愛情も深まっていくのです。

毎日の積み重ねで男性はあなたがかけがえのない大切な自分の「味方」だと感じます。そしてリラックスしている自宅などでも恥じらいを持ち行動することで、男性はあなたを女性として大切にしてくれるでしょう。

今更付き合いたての頃のように戻るのは気恥ずかしい、子供もいるのでそんな事をしていられないなどと感じるかもしれません。しかし、付き合い始めた頃の初々しさを忘れることで、男性は他の女性に目移りしてしまうものです。

あなたが先に述べた努力を続け、男性があなたに対してかけがえのない安らぎと女性としての魅力を感じている場合、あなたを裏切る可能性は少ないと言えます。一時の気の迷いであなたを失うことが怖いと思わせることが浮気や不倫を辞めさせる方法であり、それにはあなた自身の努力も必要なのです。

2.【男性向け】彼女や嫁の浮気や不倫を辞めさせるには!?

女性は寂しがりや!?

次に女性の浮気や不倫の場合はどうでしょうか。男性とは違い、女性の場合は寂しさを埋めるためにパートナー以外の男性に走ってしまいがちです。女性として大切に扱われていないのではないか、あまり自分に興味を持ってもらえていないのではないかなど、パートナーの愛情に疑問が生じ、目の前に優しくしてくれる男性が現れたらフラッとその男性になびいてしまうことがあります。

あなたにとってはパートナーの女性をとても大切にしているつもりでも、気持ちは言葉や行動に出していかなければ伝わりません。黙っていても自分の気持ちは伝わっているだろう、と考える男性は非常に多いのですがそれは誤りです。ある程度は伝わるかもしれませんが、自分の気持ちを表現出来る男性が現れたらどうでしょうか。女性はそのような表現上手な男性の方が自分に対して大きな愛情を持ってくれていると感じ、あなたの元を去ってしまうかもしれません。女性に安心して貰う為にまずあなたがすべき事は、女性に対して愛情を表現することです。

レディーファーストの考え方

日本には亭主関白という考え方もありますが、多くの女性はレディファーストであることを嬉しく感じます。ずっと亭主関白の夫を支えてきたという女性でもレディファーストでプリンセスのような扱いを受けたらどうでしょうか。恐らく、恥ずかしいと思ったとしてもそれ以上に嬉しく感じ、自然と笑顔になるでしょう。

レディファーストとは、女性を守り、大切に思っている事を表現する意味も込められています。男性は女性に比べて遥かに体力も腕力もあります。そんな男性が車道側を歩いたり重いドアを開けてあげたり、一見キザで気恥ずかしいような行動を積み重ねることで、女性はあなたに守られていると感じ、あなたと一緒にいることが心地よく思えるのです。

そして一つひとつの行動は取るに足らないくらい小さなものに思えるかもしれませんが、忘れずにレディファーストを行うということは女性に対する思いやりを持ち続けなければ出来ないことであり、女性自身もあなたの気持ちを行動を通して知ることが出来るでしょう。

気持ちを言葉や行動で伝えること

その上であなたの気持ちを言葉にして女性に伝えることが重要です。もちろん毎日でなくても構いませんが、日々の生活の中で女性に愛情や感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えることで、女性はあなたの気持ちを知ることが出来ます。そしてあなたからこの上なく愛されていると感じるでしょう。女性がそのように感じている時、素敵な男性が現れたとしてもあなたを裏切るようなことはしないでしょう。目移りする必要も無くなりますし、何より今の幸せを守りたいと強く感じるようになります。

また、女性の扱い方の他にも気をつけなければならない事があります。あなたは仕事で大きなプレッシャーなどを受けることも多く、休みの日には一歩も動きたく無いくらい疲れているかもしれません。だからと言って休日は自宅でゴロゴロしているだけ、というのは考えものです。もちろんそんな日があっても良いでしょう。日頃のあなたの状況を知っている女性も理解しています。しかし常にそのような休日では、女性はあなたを退屈な人と思うようになってしまいます。

たまには一緒に外に出かけるようにしましょう。季節に合わせて、春は近くの公園でランチを食べたり、秋は紅葉を楽しむなど、あなたと一緒に過ごすことで人生が楽しく豊かになると思ってもらう事が重要です。

女性に敬意を払うこと

また、結婚している場合は休日の女性の家事負担についても考えた方が良いでしょう。現在は共働き夫婦も増えてきています。女性も社会に出て働く中でも、未だに女性の家事負担が男性よりも大きい傾向にあります。また出産後は育児も重なり、母親でなければ出来ない事も多く、仕事と母親業で日々追われている可能性があります。

例え専業主婦であっても家事は365日毎日行わなければならず、休みがありません。そのような中であなたが休日も家でゴロゴロしているだけだった場合、女性のストレスも大きくなってしまいます。小さな事でも手伝ってみたり、感謝の言葉をきちんと伝えることで女性の気持ちも軽くなることがあります。男性だけでなく女性には女性なりの大変さがあることを認識し、女性の努力にも敬意を払いましょう。

まとめ

男性・女性共にパートナーが浮気や不倫をする場合、少なからず浮気や不倫をされる側にも問題があると考える必要があります。パートナーとの関係が長くなるにつれて、付き合い始めの頃と比べて相手に対する愛情表現や思いやりが薄れてしまったりしてはいないでしょうか。

浮気や不倫が発覚した時に、単に相手を責めたところで根本的な解決にはなりません。自分自身の行動を見直し、自分が率先して変わって行く事で、パートナーはあなたの魅力に気付くことができるのです。そして浮気や不倫を辞めさせるだけでなく、お互いを思いやり、愛情を深める事で心から幸せと思える人生を勝ち取りましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次
閉じる